2歳の誕生祝い

2歳

ぴょこりんは2歳のお誕生日を迎えました。
うっ嬉しい!でも寂しいです!

富山のローカル番組、ハッピータイムに投稿しました。
その日誕生日の人をお祝いする、7分程度の番組です。
写真と短いメッセージを投稿したら、全員順番に画面に映し出され、
ナレーターが超早口でメッセージを読み上げてくれます。

な、なんと、放送時間の6時50分にすっかり観忘れるという失態!
録画を観ましたが、思いのほか感動しました。
じーん。
生まれてきてくれて本当にありがとね。
おばあちゃん(主人の母)なんかは、爆笑していたそうです。なんだか嬉しかったみたいです。幸せを運ぶぴょこりんですね。

誕生日プレゼントは、主人に「モノを買い与えるなんて要らないだろう」と言われ、今回は無しにしました。(最近中古のおもちゃをもらったりなど、特に必要を感じないという理由もあります)
代わりに、暖かくなったら、動物園か水族館に連れていってほしいとお願いしておきました。

そして、誕生ケーキ!
ぴょこりんはケーキは食べないので、
昨年のように食パンで作ることにしました。
何も下調べもせず、完全にノープランで、
とりあえず生クリームを泡立て、食パンを思いのまま切り、クリームをぬったり、フルーツを並べると・・・

すっごい見た目がきたないケーキができあがりました!
やばい!どうしよう!
写真に撮るとグロテスク感が軽減されていますが、生で見るとなかなかのキモさでした。
材料としてはフルーツサンド(後から気づく)なので、味は悪くないのですが。
見た目、大事。
来年はいろいろ調べよう・・・

キモケーキを持って、主人を誘い、夜8時ごろ1階に突撃。
(ふだん2階に住んでいる同居嫁です)
義母と義妹を巻き込んで、ハッピーバースデーを歌い、眠くて限界のぴょこりん様を祝います。
ノープランにもほどがある母でした。

目が冴えてきて、お手玉をふりふりしながら、みんなに撮影されるぴょこりん。
この直後、ぴょこりんはお手玉をにぎったままの手で、ケーキを触ろうとしました。
「あーーー!!!!!!」
全員(大人4人)で思わず叫びました。
ぴょこりん、びくっとして手を引っ込めたあと、大泣き。

パパ抱っこでなぐさめ

パパの腕の中で落ち着いたので、無事だったケーキを近づけて、
また撮影会しようとすると

さっきのケーキだ!と記憶がよみがえったようで、また大泣きです。

おばあちゃんの温かい腕の中で、やっと落ち着きました。
眠たかったのに、ぴょこりん様ごめんね。
この後、4人でキモケーキ試食会。味に関しては満足です。
ぴょこりんは食べず、翌朝いちごだけ食べてくれました。

 

翌朝。
昨年作った飾りを出しました。
1才のところを2才にして、風船を膨らまして、いざ撮影です。

す、座ってくれない!
何度やっても座ってくれない!そりゃそうだよなあ。

あまりこれといった写真が撮れていないのだけれど、
ぴょこりんが風船を外して遊びだしたので、まあいっか。

しばらくして、義母が入ってきました。
おや、手伝いましょうか?と。ありがたやー。
でもね

着替えてしまって、ちゃんちゃんこだし、どうも決まらない。
おばあちゃんの力で、だんだん表情は良くなっていきました。

そこで、ちゃんちゃんこを脱がせて、上からスカートを履かせてみたりなんかしました。

あんたら、なにしはりますのん?!

しつこく色々載せてしまいましたが、素人にしては、そこそこいい写真が撮れたので、これで終わりました。

「ふー、疲れた。どっこいしょ。」
大人の遊びに付き合ってくれてありがとう。
あらためて、ぴょこりんお誕生日おめでとう!
2歳も楽しい一年にしようね!

1歳の誕生日祝いの日記はこちら




閲覧ありがとうございました。応援クリックをいただけると励みになります↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

ダウン症児育児ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました