コロナ以降初めて、ぜいたくなひとり時間を満喫した。

作品レビュー

こんにちは、とびびです。

出産して1年間の授乳を終えたころから、なんとなく原因不明の体調不良(不定愁訴)が始まりました。
その頻度は徐々に増え、今は病院で処方してもらった漢方を試したりしているのですが、
もうちょっとこう・・・

「あれ?私自分のやりたいこと我慢しすぎてるのかも」って思ったんです。

2020年3月からコロナが日本に流行りはじめて以降、
自分の好きな場所に一人でお出かけって、全然していないなと。

今年8月にはせっかくファイザーのワクチンを2回打ち終え、
しんどい副反応も乗り越えたんだから、
感染者数が落ち着きまくっている今お出かけしなかったら、いつするの?!
ということで、おひとり様でぷち贅沢な旅(2時間程度)を計画実行することにしました。

久しぶりに来た私の癒しスポット「下山発電所美術館」

このブログに何度も登場している、下山(にざやま)発電所美術館。
ちょうど10/9から「市川平 セルフコラボ展」が始まったばかりでした。
久しぶりにきたよ下山芸術の森・・・もう入口だけでも癒される。好き。

市川平 展

でっかいドーム、プラネタリウム、銀河鉄道、よく見ると「あいの風とやま鉄道」(地元の電車)、
小宇宙、機械じかけ、夏のホタル、夢で見たような遠い記憶・・・






今回も撮影OKだったので、たくさん撮らせてもらいました。
期間中もう一度行きたいと思えるいい作品ばかりでした。

くりこども飯店

美術館横の階段を上るとカフェがあるらしいということは知っていましたが・・・

なぜ今まで登らなかったんだろう?
今回はこのカフェが新しいお店に変わってから、ずっと「フォーを食べたい」と思っていたので、
登りました。息が切れたけど110段ほどですぐ上がれました。

ちなみに、美術館側からではなくカフェ側に車を停めたら、階段は登らなくても大丈夫です。
開店の11時半まで時間があったので、周囲を散策しました。

↑くりこども飯店

 

↑展望台

 

↑とびびの顔のオブジェがありました

お腹を空かすため、階段をもう一往復しました。

↑くりこども飯店の入り口付近から見下ろした図

お店に入ろうとしたら、遠足の小学生が集合写真を撮っていたのでちょっと待ちました。
開店一番乗りに入店すると、中はほんのりお香のいい匂いと、シタールの音楽。

↑カウンター席 いいお天気!

店主さんに念のため「写真撮ってもいいですか?」と聞いたところ
「食べログ以外なら何に掲載してもらっても大丈夫です」とのことでした。
それでなんとなく、久しぶりにブログを更新してみようと思いました。
よし!身バレ覚悟で載せちゃおう。
4月に開店したばかりの店で、検索してもまだ情報が少なめだったので。
(正確には滑川のシェアカフェぼんぼこさから移転されたようです)

素敵すぎませんか、この店内!

この小上がり、中央アジア式チャイハネというそうです。
赤ちゃん連れって店の選択肢が少ないけど、ここならいけそう。(うちはもう関係なくなりましたが)

実際、赤ちゃん連れのご夫婦が来ておられました。

せっかくだからもうちょっと詳しく撮ってみました。

トイレ入口も青い壁がとてもおしゃれです。

注文したフォーのセット(1200円)
フォーの器が家と同じでちょっと嬉しい(どうでもいい)
そして、念願だった久しぶりのフォーをいただきました。
一口ずつ味わいながら食べました。嬉しくて、食べながら目をつむって天を仰ぎました。
パクチー増量すればよかった。
感動して汁も全部飲み干してしまいました。

本当はバインミー(ベトナム屋台バーガー)weekだったので、
次のバインミーに誰かと一緒に来れたらいいなと思います。

食後にインドのチャイ(600円。フォーのセットと合わせたので100円引きで500円)
「熱いがでお気をつけください」
ほんとに熱々で、ふーふーして飲みました。
フォーの汁を全部飲んだせいで、胃が膨れあがってしまって、だんだん苦しくなってしまいました。
せっかくのおいしいチャイが・・・

今度はチャイ+カルダモンケーキの組み合わせもいいな、
などと思いめぐらせていました。

さいごに

ちゃぷんちゃぷんのおなかで帰宅する車の中、
いつもと同じ景色が輝いて見えて・・・キラキラッ(怪しい粉など使用していません)
自粛生活も大切だけど、たまにはこういうのもいいねと思いました。
明日からまたゆるパートと子育てと家事がんばるぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました