七澤菜波展 トヤマノココロ

0歳

世間は三連休でしたが、 うちは主人が土曜日だけ休みとなりました。
ぴょこりんと3人でお買い物したあと、夕方に空白の時間が。
ここはチャンス!

ぴょこりんを主人に預け、気になっていた地元の美術展が終了間近なので、お母さんと見に行きました。

朝日町ふるさと美術館
七澤菜波展「トヤマノココロ」

閉館1時間前。
受付でチケットを買うと、今ちょうどワークショップをしているから、参加してみませんかとお誘いを受けました。
せっかくだからやってみることに。

と、その前に展示を鑑賞。
書なんだけど、書に収まらない、墨絵や抽象画っぽいものまで、いろいろ。
見ていて、漢字ってデザインなんだなと思いました。
作者の心象風景が伝わってくるような作品もあり、繊細で女性らしく、可愛らしさや色気まで、自分にはない世界を感じられて面白かったです。

ワークショップスタート

七澤さんご本人の指導のもと、筆と墨で自由に描いてみました。
でも自由って案外むずかしいですね。
好き勝手じゃだめで、やっぱりバランスや余白は大切です。
できたのはこちら。

左がお母さん、右が私。

お母さん、無断掲載すみません!でもブログはまだカミングアウトできない!(笑)

まず、1枚目はこんなかんじでうまくいきませんでした。

私(右)など、隙間を全部埋めようとして
どんどんドツボにはまってしまいました。

2枚目のポストカードはちょっと進歩

お母さん(左)は文字入りでユニークです。
私の(右)は、やめどきを先生に教えてもらいました!

3枚目はにじむタイプのポストカード。上達したー

お母さん(左)は梅の枝のようでとっても綺麗。
私の(右)は、意識していなかったけど、そり返ったぴょこりんのような絵ができました。

自由に楽しく描くと、脳が解放的になりますね。
墨と筆と紙さえあれば楽しめるので、またやってみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました