合趾症(合指症)の手術当日

合趾症(合指症)

ぴょこりんはまだ入院中ですが、手術が無事に終わり、今はとても元気になりました。

また病室からスマホで更新します。

手術前夜のことを思い出すと、そのときは2時間しか眠れませんでした。

というのも…

こんなベッドに添い寝しなければならず、狭くて寝返りは打てないわ、暑いわで…

ぴょこりんも暑いようで、一晩中はげしい寝返りを打っていました。

手術当日。

主人も付き添いのため、早めに来てくれました。

ぴょこりんは

●ごはんは前日の晩まで

●ミルクは当日朝8時まで

●水分は当日朝10時まで

●手術は13時スタート

というスケジュールです。

絶食や水分ぬきに耐えられるか心配でしたが、大丈夫でした。

手術室には、私たち夫妻が抱っこして連れていくことになっています。

合趾症

病室でこんなのを着て、向かいます。

合趾症

これから大変なことが待ち受けているとも知らず、無邪気に笑うぴょこりんを見て、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

手術室へ向かう廊下は、何もないし、ひどく長く感じられます。

約1年前に、緊急帝王切開で、私も同じ場所を車椅子で運ばれたことを思い出しました。

一つ目の扉を入ると、手術のスタッフが挨拶して下さいました。

これも私のときと一緒。

あのときの緊張感が蘇ります。

私のときはたしか、最短距離の3の扉に入ったかなあと思い出しながら、

ぴょこりんを1の扉の部屋へ連れていきました。

事前に聞いていた通り、不安を和らげるため、アンパンマンのDVDを流してくださっていましたが、本人は手術台に置かれた時点で、もうやばいと分かったのか、泣きが始まってしまいました。

合趾症

事前に聞いていた、いちごの香りのガスで眠りました。全身麻酔です。

全身麻酔に加えて、足の麻酔も行いますが、私たちはここで退出です。

主人は不安がっていましたが、信じて任せるしかないからとなだめました。

歩いて病室まで帰り、部屋で待機します。

今回の手術は、こんな内容です。

合趾症

右足の中指と薬指がくっついた部分を、切り離し、皮膚を移植します。

合趾症

皮膚は左足から取り、なくなった部分の皮膚は縫合して閉じておきます。

皮膚は伸びるから大丈夫のようです。

合趾症

右足は、子供なのでじっとしていることができないため、絵のように杭を打って、皮膚が定着するまで固定します。

 

手術はだいたい2時間だろうと聞いていました。

お母さんが面会に来られ、一緒にオリンピックを観ながら待つことにしました。

 

アルペンを観ていて、日本選手は36番目と書いてあるので、今は何番目かも分からず、テレビもそれを教えてくれず、ただひたすら待っていました。

2時間経過しても一向に呼ばれる気配がなく、3人ともだんだん不安に。

アルペンも、長い間待ったのに、日本人選手が出る前にメダルが確定して、終了モードに。

さらに、日本人選手がやっと出てきた!と思ったら、1秒くらいで「コースアウトです!」

もう次の選手が滑ってる映像しか映らず…

この長い待ち時間が棒に振られたような気分になって、手術への不安が増幅してしまいました。

3時間経過したとき、ようやく呼ばれ、私一人と、看護師さんたちが部屋のベッドを運んで、手術室に迎えに行きました。

大泣きしているぴょこりんの声が聞こえ、元気なことが分かりました。

 

部屋までは、こんなふうに私も一緒に中に入って、運ばれました。

大泣きし続けるぴょこりんをぎゅっと抱きしめながら、ベッドは廊下を移動。

さらし者みたいでかなり恥ずかしかったんだけれども、一人で乗せるのはかわいそうなので、仕方ないことなのかな…

執刀の先生によると、「予定通りに終わりました」

じゃあ最初から3時間って教えてよ…

部屋に戻ると、お母さんは顔を見て安心して帰っていかれました。

主人は、面会門限の20時頃までいて、ぴょこりんをいっぱい可愛がってから、帰宅しました。

あまりに激しく泣くので、18時頃に痛み止めの座薬をしてもらって、しばらく落ち着いていましたが…

また21時頃から、一時間に3回ほど激しく泣き、夜中0時まで続いたので、とうとうナースコール。

6時間経過してるから、また、座薬ができるとのことで、やってもらいました。

その後2時間ほど寝ては、また激しく泣き、明け方2時間ほど寝ました。

 

まさかこんなに苦しめることになるとは思わず、可哀想すぎて私もどうしてよいか分からなくなりました。

またつづきます。

【続き】手術翌日 泣く子に戸惑う
合指症一覧へ


ダウン症児育児ランキング
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました