退院後の通院3 消毒と包帯が取れる

合趾症(合指症)

3/23(金)は、雨休みとなった主人も同伴。
いつも通り消毒と、様子を見せに行きました。

3/30(金)
抱っこ紐を忘れてしまい、やむを得ずベビーカーに乗せてみました。
最初はおとなしくしていたから、もうベビーカー大丈夫になったのかな?と期待していたら

やっぱり泣く、嫌がる!
仕方なく、右手で抱っこして、左手でベビーカーを押しました。

お座りできるので、いざというときそのへんの椅子に座らせることができたり、
私自身、子連れの外出に慣れてきたこともあって、以前と違って大丈夫でしたが・・・
頼むから、ベビーカー好きになっておくれ!!

さて、手術から1か月以上経過した指の状態です

合趾症

●傷は完全に乾き、中指はきれい、薬指は少しガタガタ。
ガタガタはやがて滑らかになっていくそうです。

●中指と薬指はずっと赤い
手術したのでこういうものだそうです。時間とともに赤みは引くそうです。

合趾症の手術は、指と指の間の股が、浅くなる傾向にあるため、(すでに手術直後より浅くなっているように見えます)
テープをこんなかんじに切って

合趾症

指と指の間を、ひっぱるように貼ります。
また、指と指が離れる傾向にもあるそうですので、
2本の指をゆるく巻いて、離れるのを防止します。

合趾症

こんなかんじで、これからは消毒と包帯は省略していいそうです。
ただ、外れるのを防止するため、靴下必須です。
包帯と消毒から解放されて、ぴょこりんは回復に向かっています。

そして、先生もしかしたら今日あたり・・・と感じていたことが、やっぱり来ました。
「私今日が最後ですので。」
あーやっぱり。
ここの病院、若い先生がよく入れ替わるので・・・

1か月後に様子を見せにきてください。
次は女の先生になります。
そう言い終わるや否や、処置室からぱっと消え、診察室に戻る先生。
ハードな病院だなあ。(楽な病院なんてないだろうけど)たったお一人で形成を担当されて、お疲れ様でした。
とか言えないけど、でっかい声でありがとうを伝えました。
次はどんな先生が来られるのか、ドキドキです。

【続き】術後5か月の記事はこちら

合趾症一覧へ



日常着にリラックスとトレンドを【OMNES】

↓↓↓2種類のブログランキングに参加中。ワンクリックで投票いただけたら励みになります。クリック後は、色々なダウン症ブログへのリンクページに飛びます↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

ダウン症児育児ランキング



神楽坂 ル コキヤージュ 絶対スベらない鉄板ギフト!テリーヌ ドゥ ショコラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました