主人猟師1年目 初めての猪【後編】

0歳

前編の続きです

兄たちは宿泊所へ帰りました。

(主人は全く顔を出せなかったわけではなく、挨拶してくれました)

夜の9時頃、作業が終わり、お風呂に入った主人。

午後3時か4時頃から作業開始したので、5~6時間はかかったかな。

カメ五郎のサバイバル生活、私も見せられた…

こういうので予習しておくと、全然違うんだろうなと思いました。

そんなこんなで、初めてのワナ猟を終えた主人。

 

主人がすごく気にしていたことが…

Cさんは8発の弾を使ったけど、弾代は1発五百円なので、合計四千円。

役場から出る弾代は三千円なので、千円の赤字です。

Dさんに至ってはタダ働き!

あとで聞いたのですが、Cさんはお返し要らないと言ってくださったらしい。

そして、主人には有害鳥獣捕獲の報奨金が少しばかりあたります。

基本、主人の懐に。家計にも少し還元してくれるみたいです。

ちなみに、狩猟免許を取るときは、もろもろの必要はすべて自腹で、けっこうかかってしまいました。

元を取るのは何年も先になりそうです。

 

農業被害への対応としてやっていることではありますが、

いただいた命への敬意として、できるだけ廃棄は避けて、

おいしくいただく事がベストとされています。

また狩猟関係で何かあったら、書いてみますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました