主人猟師1年目 初めての猪【前編】

0歳

主人は今年4月から猟師1年目。

農作物の動物被害に対応する目的ですが、

人手が不足しているので、やることになった次第です。

朝起きたら

すぐ山へ行って猪のわなを確認し

 

ぴょこりんにミルクを飲ませてから

出勤する。

というのが、最近の主人の習慣です。

8月8日、私の兄一家が岡山から富山まで来てくれる日。

なんで今日?しかもいきなり5匹?

どうせ嘘やろうと思いました。

いいけど、せっかく兄たちが来るのにどうすんのよ。

って思ってしまいました。

主人は瓦葺職人なのですが、昼から天候不良で休みとなりました。

さっそく町役場に連絡

狩猟免許を取るきっかけとなった

先輩猟師の友人Aに連絡

Aさんが来れないので、役場がベテランの人を呼んでくれたみたいです。

同業者の友人Bも昼から休みで、見学に。

(Bさん長身でスラッとしてるのに画力なくてスミマセン)

ベテランCさんが鉄砲でとどめをさし、

ベテランDさんは皮をはいだり、解体作業をしてくださったようです。

猪、写真で見たら、こんなふうにかかっていました。

子どもです。ウリ坊ではなく、それよりもう少し大きいです。

私が見たのはここから。

自宅で、肉の塊を食べられる状態に切っているところです。

主人は漁師経験もあったりして、魚をさばくのが得意なので、

肉のほうも案外難なくできたようです。

さて、夕方になり兄たちが到着しました。

ほんま、主人が顔出せない理由、

どんなんやねん!

続き→後編はこちら

【靴・バッグの宅配修理・職宅便】

コメント

タイトルとURLをコピーしました