下山発電所美術館 フロリアン・クラール展

1歳

8月11日、ぴょこりんと二人で下山発電所美術館へ行ってきました。
ぴょこりんと行くのは、これで2回目です。
前回行ったときの日記はこちら

今回はこういうのをやっていました。
フロリアンクラール展
もしぴょこりんが騒いだら、すぐ帰るつもりでいるものの、
前回が大丈夫だったから、今回も大丈夫と思って入りました。
さて、結果はどうだったでしょうか。

と、その前に・・・ちょっとお嬢さん、何してるの?

また影にバイバイしてるんだね!
ぴょこりんのマイブームです。

聞いてないけど、受付で撮影OKフラッシュNGと言われました。
撮っていいの?ラッキー。

中に入るとドドーンと木の骨組みオブジェが。

過去の繁栄の残骸のような、
未来の建設中のような。

暗すぎて写っていませんが、ここの美術館は
水力発電所のタービン跡の穴が特徴的です。
この穴の奥で、映像作品を流していました。

ぴょこりんがもぞもぞし始めたので、抱っこ紐へ移動。

映像作品がメインのようで、かなり面白く、世界に引き込まれました。
今いる場所(発電所美術館)が、様々な世界に変化する映像作品でした。
水族館になったり、宇宙船になったり、真冬になったり、やりたい放題。
面白すぎて、ニヤけながら観てしまいました。
作品の世界は楽しい妄想だけれど、
そうか、実際私が立っているこの場所は、大正時代は水力発電所だったわけだし、
もっと昔は別世界で、
動物や縄文人が歩いていた時代もあったかもしれないし、
未来も別世界になってるのかも。
場所の不思議に思いを馳せ、なんだかワクワクしたのでした。

2階にも作品が色々展示されていました。

途中で騒ぎそうだったぴょこりんでしたが、
最後まで大人しくしてくれてホッとしました。
お母さんの楽しみに付き合ってくれて、どうもありがとう!

ここの美術館はいつも空いていて、展示作品も好みで、大好きな場所です。
フロリアンクラールさんの作風もとてもお気に入りでした。
また来たいな。

ここで私は
「ぴょこりんは1歳半の現在も、美術館大丈夫そうだね!」と勘違いして、
後日別の場所で痛い目に合うとは、思いもしませんでした・・・

つづく

しばらく写真日記が続きます。



【こどもちゃれんじ】

↓閲覧ありがとうございました。応援クリックをいただけると励みになります↓
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

ダウン症児育児ランキング



コメント

タイトルとURLをコピーしました